2007年02月15日

塗装工事の信頼は時間を掛けて・・・

今日、私が担当させて頂いているお客様の家で屋根塗装の高圧洗浄を行いました。

場所は藤沢市です。

そちらの屋根は塗膜剥離と言って、塗装がはがれている状況でした。

はがれるにも色々な理由がありますが、今日、高圧洗浄を行って理由がはっきりとしました。

それは、下地調整の不足です。
屋根塗装の工程は高圧洗浄⇒下地調整⇒下塗り⇒中塗り⇒上塗り⇒縁切り です。

下地調整の作業内容は、屋根塗装をするにあたり非常に重要な項目です。

下地調整の意味を簡単に説明すると、ホコリや不純物(コケやカビ)の上に塗装をしてもくっ付かない為、洗浄やケレンという作業を行い、塗装が出来る状態にする事を言います。

今回、この作業がされていないと断定が出来たのは、旧塗装の下にコケがあった為です。

高圧洗浄をして、旧塗装が除去されていくと見えてきたのは、なんとコケなのです。
ここまではっきりとした状況は私も何度かしか体験した事がありません。

屋根塗装外壁塗装の工事業者に対する信頼は、実際にお客様と約束した耐久をしてこそ得うる物だと思います。

今日は工事に入った塗装技能士とそんな話をしました。


ジャパンテックホームへ
posted by ジャパンテック at 22:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 塗装技能士塗装技能士(とそうぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関(社団法人中央職業能力開発協会及び各都道府県の職業能力開発協会)が実施..
Weblog: 技能士になろう!
Tracked: 2007-10-01 16:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。